賃貸契約の際に必要な資金

検索フォーム
主要記事
賃貸契約の際に必要な資金

敷金礼金ゼロの賃貸物件の注意点

敷金礼金ゼロの賃貸物件があります。これはお得感が出ていて借りたくなるのは当然だと言えます。しかし敷金がゼロというのはやや怖いというか不安点もあるのが実情です。その理由としては敷金とは支払いではなくて、保険金のようなものなのです。何も無ければ後で戻ってくるお金ですので保険金のようなものだと言えるのです。例えば引っ越したいとなった場合に今住んでいるところを退去することになります。しかし退去するにもお金が別途、発生すると言えます。それは退去時に修理費が掛かる場合があるからです。

自分でも気付かなかったが部屋の一部が破損している場合もあると思います。そういった場合は部屋の持ち主に修理費としてお金を収める必要があるのです。そういう時にまとまったお金が無かったら退去できないということにもなりかねません。そこで敷金からその修理費を払えば問題ないということになります。敷金とは通常、家賃の何か月分という形でまとまった金額を収める形ですので修理費としては十分な金額だと言えます。ですから敷金がゼロであるということはある意味で怖いというか退去時に困る場合もあるのです。これがゼロであるから良い物件だとは断言できません。結局退去時にお金が掛かる場合は同じことになりますのでここは勘違いをしないで欲しいです。

また礼金というのは別にゼロでも問題ないような気がします。特に意味がある費用ではありませんので、余りないと思いますが礼金のみゼロという物件があるなら、丸々、得をするということになるでしょう。

その他のエントリー

おすすめリンク

Copyright (C)2017賃貸契約の際に必要な資金.All rights reserved.