賃貸契約の際に必要な資金

検索フォーム
主要記事
賃貸契約の際に必要な資金

賃貸の敷金と礼金の概要と経験談

賃貸を借りる場合には大体のケースで敷金と礼金が掛かります。まず礼金とは簡単に説明をすると貸し主へのお礼金といった意味合いがあるでしょう。手数料とはまた別になります。礼金とは別に仲介手数料が発生する場合もあります。こちらは貸し主ではなくて、その賃貸物件を紹介している業者への手数料ということになります。その業者とは自分が実際に交渉している不動産屋のことです。もしかすると賃貸物件はその不動産屋の所有物だと思う人がいるかもしれません。しかしそういう場合はほとんどなく、業者は誰かの物件をそのオーナーの代わりに紹介をしているのです。ですから仲介手数料というものが発生します。

そして敷金についてですが、これは払うというよりも後で戻ってくる可能性があるお金です。一種の保証金ですので一旦、貸し主にお金を預けるというシステムなのです。これは主に部屋の修繕費や家賃の滞納などに充てられるお金であると認識して下さい。経験談からすると大体のケースでは戻ってくるお金であると考えて良いです。結局、お金が戻ってこない場合は自分で部屋の設備を壊してしまったという場合に敷金からお金を引かれるという形です。もちろん敷金が必ず戻ってくる訳ではありませんが、普通の使い方をしていれば修繕費は発生しないと思います。部屋が劣化したり古くなったりするのは修繕費の対象にはなりませんので、安心して賃貸を利用して下さい。

その他のエントリー

おすすめリンク

Copyright (C)2017賃貸契約の際に必要な資金.All rights reserved.