賃貸契約の際に必要な資金

検索フォーム
主要記事
賃貸契約の際に必要な資金

賃貸に関する敷金礼金についての説明

賃貸を借りるときにいろいろな言葉がでてきて、わかりにくいと感じた人もあるのではないでしょうか。ここでは賃貸を利用するときにでてくる言葉について説明します。まずは敷金という言葉がよくでてきます。これは、借り手が貸主に払うお金のことです。借りては住宅を借りて、退去するときに借りたときと同じようにきれいにして返すという義務があります。これが原状回復の義務なのですが、通常は汚れたり、破損したりしますので、これを直すためのお金を貸し手に払っておくのが敷金ということになります。貸し手はこのお金で部屋をクリーニングしたりして修繕して現状回復します。そのため、敷金はこの代金を引いて借りてに戻ってきます。多くの場合は、ほとんど戻ってこないと考えたほうがいいでしょう。

そして、礼金というものがあるものもあります。これは、借り手が貸し手に払うもので、住居を提供してもらうことに対してのお礼です。賃貸料金を払うのに、さらにお礼まで払うといったことに疑問を感じる人もおられるかもしれませんが、このシステムは高度経済成長期に極度の住宅難があったときに出来たとも考えられており、住まわせてもらえることがありがたいといったことがあったときのシステムがそのまま残っているとも考えられます。

その他のエントリー

おすすめリンク

Copyright (C)2017賃貸契約の際に必要な資金.All rights reserved.