賃貸契約の際に必要な資金

検索フォーム
主要記事
賃貸契約の際に必要な資金

敷金・礼金への理解が必要な賃貸物件は

賃貸物件を貸す人のことを家主と呼び、その家主が持つ物件に入居する人のことを、店子と呼びます。店でもないのに店子とはこれいかにといった感じもしますので、宅建法による借家人という言い方もできます。いずれにしても、貸す側と借りる側で感じ方や考え方が異なるということを、最初に理解しておく必要があるでしょう。敷金・礼金などは、両者でまったく感じ方が異なるため、もっともいい例ではないかと思います。借りる側に家賃を滞納する気は全くなくても、それは家主にはわかりません。あらかじめ滞納の危険に備えて手を打っておこうと考えても、無理からぬことだと言えます。

また、部屋を雑に使われた場合には、修繕の必要が出てくるかもしれません。その場合も、敷金がその費用として使われますので、基本的には返すとしている敷金が、返ってこなくなる場合もあります。家主と店子で意見の相違が生まれやすいところではありますが、店子としても、家主の気持ちを尊重する使い方をしなければならないということでしょう。礼金については、今やあっちにもこっちにも空室のある賃貸物件が目立つことから言って、部屋を貸してもらうことへの感謝の気持ちはなかなか抱きにくく、取らない方向へ舵を切っている家主の方が、より受け入れられるのではないかと思うのでした。

その他のエントリー

Copyright (C)2017賃貸契約の際に必要な資金.All rights reserved.