賃貸契約の際に必要な資金

検索フォーム
主要記事
賃貸契約の際に必要な資金

敷金・礼金から賃貸物件を探すと

敷金・礼金を賃貸物件探しの条件としてよく見てみると、家賃の数か月分として取っているところが大半です。最近では敷金・礼金なし物件も人気ですが、なし物件には管理費が必要なところが大多数で、これがいわば敷金・礼金の代わりになるものとして、家主が考え出したのではないかと思います。建物の維持管理費用や、退去時の清掃費用などに充てるためという意味合いで取られる費用だと思いますが、高いところでは月額で7000円というところもあり、年間にすると結構な額に膨れ上がります。

敷金・礼金は入居時に必要ですので、一気にまとまったお金になることから、非常にたくさんのお金を持っていかれるという思いがしてしまうと思われます。けれど、高い管理費の部屋に入居した場合、管理費の額がわずか数年で敷金・礼金を追い越してしまうことも考えられます。それを思うと、敷金・礼金なし物件は、あり物件に比べて絶対にお得とも言えなくなってきます。期間が決まっていて、1年ほどで退去するとわかっているなら敷金・礼金なし物件を、長く住むつもりなら、初めにまとまったお金が必要になったとしても、あとあとは家賃だけで済む敷金・礼金あり物件にするという選択も、考えてみる必要があると思うのでした。

その他のエントリー

Copyright (C)2017賃貸契約の際に必要な資金.All rights reserved.