賃貸契約の際に必要な資金

検索フォーム
主要記事
賃貸契約の際に必要な資金

賃貸物件の敷金、礼金についての理解。

賃貸の物件には、敷金、礼金というものがありますが、誰しも物件探しの際には、この敷金、礼金がついてくるものです。だけど以外と内容、意味まで知られてない方も多くいらっしゃる様です。契約時に、不動産に納めたお金には戻ってくるお金と戻ってこないお金があるのです。これが、敷金と礼金です。敷金は戻ってきますが、礼金は戻ってきません。

賃貸の物件の敷金を納める目的とは、例えば、家賃の滞納があった場合や、退去する引越しの時に部屋の修理が必要となった場合などにこの敷金から差し引いて修理などを行います。差し引いた残りのお金は戻ってきます。敷金の意味はこの様な内容があると思います。礼金とは、戻ってこないお金であり大家さんにお礼金みたいなものだと思います。

賃貸の敷金、礼金では今は、ほとんど礼金なしの物件も増えましたね。礼金とは、大家さんに対し貸してくれてありがとうみたいな意味でのお礼のお金だと思います。借りる側としては、できるだけ安くで借りたいので、礼金なしの方が有り難く助かります。敷金とは、大家さんからすればどんな人が借りてくれるのか分かりません。いろんな方がいらっしゃるので、家賃を払わなかったり、気の荒い人であれば部屋の壁や他、壊してしまったりよくある事だと思います。そんな時に修理をする必要があるので、この敷金で修理をします。敷金とはそんな意味もあり、つまり保険みたいなものだと思います。

その他のエントリー

Copyright (C)2017賃貸契約の際に必要な資金.All rights reserved.