賃貸契約の際に必要な資金

検索フォーム
主要記事
賃貸契約の際に必要な資金

賃貸を利用するなら敷金礼金を知ろう

敷金礼金という言葉を目にしたり耳にしたりすることが多いかと思われます。それは賃貸住宅という住宅の数が増えたことにより敷金と礼金という言葉が社会に浸透してきたのが理由です。しかし実際に賃貸を利用した人でないとなかなかこの言葉の意味を完全に理解する機会がないと思います。この言葉の意味と賃貸との関わりについて書いていきます。まず賃貸住宅の基本を軽く説明します。物件を所有している個人、もしくは会社が部屋を貸し出すのが賃貸住宅です。利用する人は指定されているお金を払うことでその部屋を利用することができます。

それでは敷金と礼金とは一体何かというと賃貸を貸す側と借りる側に大きく関係しています。まず敷金は貸す側にとっても保険のようなものになります。これは借りている人がもしかしたら部屋を汚したり傷をつけたり、家賃を滞納したりと貸している側に損失を与える可能性があるために部屋を貸す際に敷金という前金を貰うことによって万が一に備える意味があります。もう一つの礼金に関しては部屋を借りた側が貸した側に対して、お金を出すことで感謝を伝えるという意味があります。しかし現在では賃貸住宅はたくさん存在しているため礼金を取らないという賃貸も増えつつあります。

その他のエントリー

Copyright (C)2017賃貸契約の際に必要な資金.All rights reserved.