賃貸契約の際に必要な資金

検索フォーム
主要記事
賃貸契約の際に必要な資金

敷金や礼金がない賃貸物件を借りる際は注意が必要

最近は、賃貸物件を借りる際の敷金や礼金を全く取らない賃貸物件も多く出てくるようになってきています。借り手には大変魅力的な賃貸物件ではありますが、よくよく賃貸契約の内容を熟知しておかないと、後々にトラブルへ発展することもあるので、注意が必要になってきます。つまり、一見敷金や礼金がかからない賃貸物件は良さそうに見えますが、それを鵜呑みにすることはちょっと待って欲しいというわけです。

敷金や礼金がかからない賃貸物件のことを一般的には、ゼロゼロ物件と呼ばれています。このゼロゼロ物件は、メリットももちろんありますが、デメリットももちろんあるのです。このことをまず理解しておいて欲しいと思います。デメリットをきちんと理解した上でゼロゼロ物件を借りるのと、まったくデメリットを考えずに借りるのとでは、雲泥の差が生じてきます。仮にデメリットを考えず実際にゼロゼロ物件を借りてしまうと、こんなはずじゃなかったと思ってももう遅いのです。ですから、借りる前からしっかりとメリットとデメリットを理解しておくことがとても大切なのです。

例えばデメリットとして考えられるのが、本来敷金は借主が家賃滞納した際の担保として預けておくお金なので、この敷金が0円ということは大家さんにしてみればリスクなのです。それをあえて敷金0円にしているわけですから、万が一ゼロゼロ物件において家賃滞納した際には、急遽部屋から退去を命じられてしまうリスクが敷金がある賃貸物件よりも高くなってしまうということが考えられるということです。こうした、デメリットも理解しておかないと後々トラブルの原因になりますので、くれぐれもゼロゼロ物件を借りる際には、注意が必要になってきます。

その他のエントリー

おすすめリンク

Copyright (C)2017賃貸契約の際に必要な資金.All rights reserved.