賃貸契約の際に必要な資金

検索フォーム
主要記事
賃貸契約の際に必要な資金

賃貸の敷金礼金の意味

賃貸物件を借りるときには、敷金や礼金が必要になります。だいたい二ヶ月分ずつかかるということはわかるのですが、それぞれにどんな意味があるのかよく知らないので調べてみることにしました。まず、敷金です。これは関西では保証金という名称で呼ばれることが多いようです。これは、退去のときに部屋のクリーニングや修繕費に充ててもらうためのお金です。部屋のものを破損したり、家賃が滞納されたときなどの担保にもなります。なので、部屋をきれいに使えばほとんど引かれなくて済み、まるまる戻ってくることもあります。関西の「保証金」という言い方のほうが意味がわかりやすいかもしれません。

もうひとつ、礼金というものがあります。これは戻って来ないお金です。昔は住宅事情が悪く、部屋を貸してもらえるのがありがたいことから、感謝のキモチでお金を包んだのだそうです。これが礼金のはじまりとも言われているそうです。なので、住宅事情が改善された現代では礼金をとらないところも多いのです。他には仲介手数料というのがありますが、これは大家さんと借り主を仲介してくれる不動産屋さんに払うもので、たいてい家賃の一ヶ月分です。礼金をとらないところでは、手数料が高いところもあるようです。

その他のエントリー

Copyright (C)2017賃貸契約の際に必要な資金.All rights reserved.