賃貸契約の際に必要な資金

検索フォーム
主要記事
賃貸契約の際に必要な資金

賃貸での礼金敷金は高いですね。

賃貸を借りる時に発生する礼金敷金はやっぱり高いなと思います。都心部とかだったら、これだけで、三か月分の家賃を用意しないといけないです。他に不動産屋さんに払う分や、前に住んでいた所の家賃に、今度住むところの、まえの月の物と合わせると、家賃六か月分となってしまいます。気軽に違う部屋を借りるのは出来ないです。この礼金敷金がなかったらかなり楽にはなります。前の部屋の家賃と今の部屋の家賃との兼ね合いをうまくしたら、そこまで費用は発生しなくなるんですね。これがなくなるという事もあったのですが、根強く残っていますね。

仕方ない分もあるのですが、家賃に組み込んでくれたらいいのになとは思います。そういうマンスリーマンションみたいな所は、そうなってますね。家具もついているというのが売りなので、家具の移動によって、部屋に傷が付くこともないので、敷金があまりいらないのもあるのかもしれません。それに、マンスリーは長期で住む所ではないので、どんどん人の入れ替わりが多かったりします。出張とか単身赴任とかだったりします。そういう人に礼金敷金がというと借りてはもらえなくなってしまうからでしょうね。こういうシステムが他の賃貸にも移行したらいいですね。

その他のエントリー

おすすめリンク

Copyright (C)2017賃貸契約の際に必要な資金.All rights reserved.