賃貸契約の際に必要な資金

検索フォーム
主要記事
賃貸契約の際に必要な資金

賃貸物件の敷金礼金の意味などについて

賃貸物件を借りる場合、契約時に不動産屋に納入するお金には戻って来るお金と、戻ってこないお金があります。まず、戻って来るお金には、敷金や保証金とよばれるものがあり、一般的に関東方面では敷金と言い、関西方面では保証金と言われているようですが、もともとどちらも同じ意味で、納入する目的も全く同じと考えてよろしいと思います。部屋を退去する時、汚れやキズなどの修理やリフォーム、家賃の滞納などがあった時など、この敷金や保証金でまかなわれます。居住者の中には部屋を汚したり、キズ付けたりする人や、家賃を滞納するなどの人もいますので、そういった時の保険みたいなものとして、この敷金や保証金を納めるのです。

次に、戻ってこないお金について、礼金と仲介手数料がありますが、礼金は大家さんに対して「部屋を貸してくれてありがとう」という意味があり、このお金は戻ってきません。この礼金は昔からの慣例で現在も続いていますが、最近は礼金が0円というところが増えてきているようです。慣例と言うのは、戦後間もない頃、戦災で焼け野原の中、住む所もない状態でした。そんなとき、住む場所を提供してくれる人に対して、感謝の気持ちを表し、お金を包んだことが始まりと言われています。仲介手数料は貸主と借主の間に不動産屋が入り、契約などがスムーズに行われるよう助けてくれますので、そのお礼に不動産屋に支払うお金です。

その他のエントリー

Copyright (C)2017賃貸契約の際に必要な資金.All rights reserved.