賃貸契約の際に必要な資金

検索フォーム
主要記事
賃貸契約の際に必要な資金

賃貸物件で敷金・礼金がないところは

これから、日本の人口は子供が増えない限り、どんどん減少していくと言われています。若い世代が増えないと、部屋を借りて生活する人も生まれなくなり、賃貸物件はどんどん空室ができていくとさえも言われています。これは、家主としてはかなり頭の痛い問題でしょう。かと言って、誰でも彼でも入ってくれればいいというわけでもなく、家主としての立場から見れば、入ってくれるのはきちんと家賃を払い、大切に部屋を使ってくれる人でないといけないということになると思います。そんな中でも、敷金・礼金なしをウリにしている物件が多数、不動産会社のインターネットサイトで見つかるのは、やはり理由があるからだと思います。

空室にするよりは、敷金・礼金なしをうたい文句にして入居者を集めたいと考える家主もいるでしょう。こういう場合、まとまったお金を用立てることができない人にとっては、ありがたい物件となります。言い換えれば、家賃と生活費以外に工面できるお金がない人や、できるだけ節約したい人が入居するのに、選びやすい物件だということです。反対に、敷金・礼金を取る物件には、それだけのまとまったお金を払うだけの金銭的余裕のある人たちが入居する物件ということになり、どちらによりメリットがあるかを考える判断材料になると思われます。

その他のエントリー

Copyright (C)2017賃貸契約の際に必要な資金.All rights reserved.