賃貸契約の際に必要な資金

検索フォーム
主要記事
賃貸契約の際に必要な資金

賃貸における敷金の役割とは

賃貸物件と言うのはいうなれば他人のものを借りると言うことなのだから、保険のために多少のお金を貸し手に預けるのは決して不思議なことではありません。それに敷金として事前にお金を預けたほうが入居者にとっても利点があるのではないでしょうか。たとえばある程度長く賃貸に入居していれば敷金のことなど忘れてしまっている人だって多いはずです。したがっていざ部屋を出るときになって敷金が多少なりとも戻ってくるなら予想外の収入を手にしたような気分になるものです。ところがもし逆に出て行くときになって現状回復のお金を要求されたら入居者はどう感じるか、想像に難くないのではないでしょうか。

いきなり原状回復といわれてもお金など用意できないことも考えられるし、引越しを考えているようなときに余計な出費を要求されれば不満を感じるのは当然のことでしょう。下手をすれば大家と入居者の間で不毛ないさかいに発展しないとも限らないのだから、入居時に敷金としてお金を預かると言うのは余計な争いを未然に防ぐための知恵とさえ言えるでしょう。家計のやりくりと言うのは若者には面倒なものだし、入居時に少しずつお金を貯めて、いざ出て行くときに備えると言うのはほとんどの人間には不可能なのだから、それくらいなら敷金を事前に徴収したほうが世の中がうまく回るというものです。

その他のエントリー

おすすめリンク

Copyright (C)2017賃貸契約の際に必要な資金.All rights reserved.