賃貸契約の際に必要な資金

検索フォーム
主要記事
賃貸契約の際に必要な資金

賃貸のアパートを賃上げしたい大家さんのアイデア

アパートなどの不動産を所有していると、ときどき改修工事が必要になりますが、改修工事を済ませると、新たに値段をやや上げて、また賃貸をするということがよくあります。大家さんとしては、少しでも値段を上げて賃貸したいという気持ちはもっともですが、借りる側の気持ちになってみると、あまり高いと住むことができません。家賃が高いと、敷金も1ヶ月分とか礼金も1ヶ月分とか、前家賃とか、いろいろ全てが値段が上がり、合計するとかなり大きな金額になってしまいます。とても借りたくても手が出なくなってしまうのです。

そこで、敷金と礼金をなしにして、その代わり月々の家賃をやや上げるということにするなら、両者の希望に沿って、納得のいく形になっていくことでしょう。借りる側にしても、家賃が多少高くても、初期投資である敷金と礼金が免除されているなら、安心して契約することができるのです。もちろん、大家さんとしても、これまで値上げができなかったのですから、ここでやっと家賃の値段を上げることができて喜ぶことでしょう。それで礼金はしかたないにしても、敷金がとれないのはちょっと不安ではないかという気持ちもあります。そこで保証がしっかりしているような借り手であれば安心して敷金なしで貸すことができるのです。

その他のエントリー

おすすめリンク

Copyright (C)2017賃貸契約の際に必要な資金.All rights reserved.