賃貸契約の際に必要な資金

検索フォーム
主要記事
賃貸契約の際に必要な資金

賃貸マンションの敷金礼金が無しの理由

賃貸マンションを新規に契約する際には大概の物件で敷金礼金制度を取っています。これは家賃だけではなくまとまった額を契約料としてマンション側に渡します。家賃の半年分程に及ぶ事がほとんどなので、急に一人暮らしをする事になっても、敷金礼金を払えずに引越しをする事が出来ないという事が増えています。近年ではこの敷金礼金のどちらかを払わなくていい制度や分割払いで毎月の家賃に上乗せして支払っていく制度が存在します。

ここで気をつけたいことが敷金礼金制度が無い物件には必ず理由があるということです。つまり敷金礼金制度を廃止しなければ入居者が来ないという理由があるということです。例としては建築年数が20年以上であったり、交通アクセスが駅から徒歩20分であったりと生活するのに不便な事がある場合です。この場合は敷金礼金が無しであったり金額が家賃の一ヶ月分であったりします。そういった住みやすさに問題が無いのに敷金礼金が無しの場合は管理会社や不動産会社に理由を訪ねてみる事をオススメします。必ず理由があるので住んでからその理由を知って後悔しても遅いので必ず契約前に確認しておくことが大切です。賃貸マンションは複数の人が住んでいる場所なので出来るだけトラブル無く暮らしたいので契約内容は隅々まで目を通して置く事が大切です。

その他のエントリー

Copyright (C)2017賃貸契約の際に必要な資金.All rights reserved.