賃貸契約の際に必要な資金

検索フォーム
主要記事
賃貸契約の際に必要な資金

賃貸を借りる際の敷金礼金は要チェック

賃貸物件を借りる際にはどのような点をチェックするでしょうか。家賃や間取り、設備や立地など一般的な事に加え、こだわりの点がそれぞれある事とあります。特に家賃は生活していける程度の範囲で決めなければならないので上限があります。まずはエリアと家賃で絞り込んで、その中から希望に近い物件を選んでいくと言う事になるのではないでしょうか。

物件を決める際には、敷金礼金の事も頭に入れておく事をお勧めします。物件を借りる際に支払う事になる、いわば初期費用です。敷金はその部屋を退去する際の修復費用として使われるもので、礼金は大家さんに支払われるお礼金になります。家賃の何カ月分という単位になるので、例えば家賃6万円で敷金礼金2カ月ずつという物件であれば、敷金礼金と最初の家賃としてトータルで30万円を最初に支払わなければならなくなるのです。必要な費用であれば仕方があありませんが、物件によっては敷金礼金ゼロと言うところもあります。いずれ帰ってくるものと考えれば敷金についてはある程度支払っておくのも良いですが、礼金はただ支払うのみのお金になるので、少ないに越した事はないと言えるでしょう。敷金礼金の有無だけで物件を決める事は出来ませんが、いくつかの物件の中で迷っているという状況であれば、初期費用の額を決め手にするのも良いのではないでしょうか。

その他のエントリー

おすすめリンク

Copyright (C)2017賃貸契約の際に必要な資金.All rights reserved.