賃貸契約の際に必要な資金

検索フォーム
主要記事
賃貸契約の際に必要な資金

賃貸の敷金礼金がいらない物件

賃貸への引越しのときには、敷金礼金が必要なので、まとまったお金がかかります。なので、家賃がたとえ6万円でも、あれこれかかって30万以上用意しておかなければならないこともあります。だから、敷金礼金0円、という物件にはかなり心が引かれてしまいます。もちろんお得な物件もありますが、敷金礼金がいらないということは、他に条件があったり、お金が別途かかったりということもあります。実質は0円というわけにはいかないので、よく確認しておくのが大切だと思います。たとえば、敷金がいらないといっても、退去のときにクリーニング代をとられることが多いです。事前に払っておくか、あとから払うかの違いなので、入居前にお金を用意しておいたほうが気楽ということもあります。また、鍵の交換費用を借り主が負担する場合も多いので、一万円から二万円は別途かかると思いましょう。

さらに、中途解約の場合に違約金をとられることもあるようです。家賃が遅れても、担保がないので待ってくれないですし、実際に強制退去ということもありえるのだそうです。これらのことは、契約のときにきちんと確認しておいて、敷金礼金がいらないなら得だ、ととびつかないようにしたいです。

その他のエントリー

Copyright (C)2017賃貸契約の際に必要な資金.All rights reserved.