賃貸契約の際に必要な資金

検索フォーム
主要記事
賃貸契約の際に必要な資金

賃貸物件に生じる敷金礼金の回避について

賃貸物件には必ずといっていいほど敷金礼金が発生しますよね。まあ、最近ではこういったものを0円で謳う物件も増えてきましたが、そういったものは大抵1人暮らし向けのもので、家族で暮らそうとする物件で0円のものはほぼありません。また敷金礼金が0円のかわりに仲介手数料や、会費などといった別の口実で結局お金をとられてしまいます。この敷金礼金というのは不動産屋が住居者と賃貸物件のオーナーとの間に立って仲介するために生じる料金です。いわば仲介料ですね。なので不動産屋を間に挟む限りどうしても発生してしまうのです。ならば不動産屋を間に挟まなければいいのです。賃貸物件のオーナーと直接交渉をして借り入れることに成功すれば、敷金礼金は発生しません。是非、現視察をして見ましょう。借りたい賃貸物件にオーナーの連絡先が明記されている場合があります。また、直接交渉をすることで賃貸料を値下げしてもらえるケースもあります。やって損をすることはありません。それと不動産屋自体が賃貸物件のオーナーである場合もあります。なので不動産屋に訊いてみる、というのも一つの手ですね。一手間ふやすだけで敷金礼金を簡単に回避できる場合がありますので実践してみましょう。

敷金礼金とは意外と簡単に回避できる場合があるのです。このシステムは日本特有のものであるため、外国の方には理解できず、トラブルになるため不動産屋の判断で免除される場合があります。つまり話し合うことでどうにかなってしまうものなのです。

その他のエントリー

おすすめリンク

  • Twilogで、鎌田和彦のツイートをブログ形式で閲覧!今の話題をチェック。

Copyright (C)2017賃貸契約の際に必要な資金.All rights reserved.