賃貸契約の際に必要な資金

検索フォーム
主要記事
賃貸契約の際に必要な資金

賃貸探しには敷金礼金も重要なポイント

賃貸物件探しの際の条件は、人によってこだわる部分は様々です。間取りや立地、築年数、設備など、少しでも自分が快適に暮らしやすい物件に住みたいと思うものです。ですが、当然費用の問題も考えなくてはなりません。月々の家賃は生活に直結する出費となる部分であるだけに、多くの人が上限額をあらかじめ決めておいて、その中で借りる事が出来る物件を探すことになるでしょう。ですが、敷金礼金などといった初期費用も軽視する事は出来ません。物件によって敷金礼金の額も様々なので、その事も頭に入れた上で選んでいく必要があります。

敷金礼金は、通常家賃の何カ月分という表記の仕方がされています。それぞれ2カ月分程度の物件もあれば、敷金礼金ゼロと言う物件もあります。礼金は入所時に大家さんに支払われるものですが、敷金は退去時に原状回復費用として使う事が出来るいわば預かり金のような意味合いの費用になります。このため、敷金がゼロの物件は、退去時にまとまった額の請求を受ける可能性がある事を認識しておかなくてはなりません。このため、礼金はゼロの物件がお得ですが、敷金はゼロにこだわらなくても良いでしょう。何かとものいりな時期の初期費用は負担が大きいだけに、きちんと考えて物件選びを進めたいものです。

その他のエントリー

Copyright (C)2017賃貸契約の際に必要な資金.All rights reserved.