賃貸契約の際に必要な資金

検索フォーム
主要記事
賃貸契約の際に必要な資金

賃貸アパートの敷金と礼金の違い

敷金礼金0円!と宣伝している賃貸アパートが増えてきました。けれど敷金が0円なのと、礼金が0円なのは大きな違いがあります。敷金というのは大家さんがあずかってくれる保証金のことです。家賃を滞納してしまった場合や、部屋を退室することになったときの修繕費に使われます。あくまであずかってもらっているお金なので部屋の修繕が必要ない場合は大家さんに渡した分がそのまま手元に戻ってきます。大家さんからすると敷金は万が一入居者が家賃滞納などをしたときでも敷金からお金を払ってもらえるので安心料みたいなものです。だから敷金はあまり0円にしたくないと言えるでしょう。

一方礼金というのは日本独自の風習で、大家さんに「お世話になります」という意味で渡すお金です。感覚的には菓子折りを渡すみたいな感じなので当然手元に戻ってくることはありません。また大家さんからすると礼金は純粋な利益で、もらえたら嬉しいとはいえ必須のお金というわけではありません。これが敷金と礼金の違いです。礼金が0円の場合はあまり気にする必要はありません。けれど敷金が0円の場合は修繕費などが別に請求される場合があります。また家賃を滞納したらすぐ追い出される可能性もあります。安心料がない分保証人などの審査も厳しくなるので必ずしも敷金0円がお得というわけではありません。

その他のエントリー

おすすめリンク

Copyright (C)2017賃貸契約の際に必要な資金.All rights reserved.