賃貸契約の際に必要な資金

検索フォーム
主要記事
賃貸契約の際に必要な資金

賃貸物件の敷金・礼金の意味を知ることは

賃貸物件を借りるときによく耳にする敷金・礼金ですが、敷金が返ってくるお金であるのに対して、礼金は返ってきません。それが、敷金と礼金のもっとも基本的な違いであることを認識しておくと、物件選びの際、どこに決めるかも見えてくるのではないでしょうか。礼金をたくさん取っているところはやめておこうとか、敷金は取られたとしても、礼金はなしというところにしようといった選択ができるようになるからです。家賃を払って住むというのに、住まわせてくれてありがとうという意味で礼金を取られることに、違和感を感じる人も多いのではないでしょうか。

礼金の発祥は、戦後の焼け野原に住むところを失った人のために、住む場所を貸してくれた人に対して、お礼の意味でお金を包んだことに始まっているとされています。それを考えると、今は不動産投資や、家賃収入を得る目的で賃貸物件を運営している家主ばかりですので、礼金を取らない物件を探すのが賢い選択と言えるかもしれません。少なくとも、敷金は家主として、滞納などの場合の保証に充てるという考えには賛同できますが、お礼という意味での礼金は、もはや時代にそぐわなくなったと感じられ、礼金なし物件が増えてきたのは歓迎すべきことだと思うのでした。

その他のエントリー

おすすめリンク

  • 鎌田和彦についてはこちらのサイトが便利です。

Copyright (C)2017賃貸契約の際に必要な資金.All rights reserved.