賃貸契約の際に必要な資金

検索フォーム
主要記事
賃貸契約の際に必要な資金

賃貸物件を探すポイントに

かつては賃貸物件を借りるときに、敷金・礼金がいるのは当たり前でした。家賃と合わせると、入居時にかなりまとまったお金が必要になり、引っ越すたびにこうした費用が何度もかかるため、慎重に部屋を決めるという人が多かったのではないでしょうか。また、更新料と呼ばれる2年や3年といった一定期間に、家賃の数か月分を取るところも珍しくありませんでした。それが最近では、更新料がまず姿を消しています。裁判でも確か違法とされたという記憶がありますが、それに次いで、今度は敷金・礼金も取らない賃貸物件が出てきました。

人口が減少し始め、賃貸物件に入居する人が減ってきたため、空室を作るよりは敷金・礼金を取らないことをウリに入居者をつかもうという、家主の苦肉の策ですが、これは入居者からみれば朗報であることは間違いありません。敷金というのは、入居時に預かり、退去の際の修繕等に使われるためのお金ということで、理解できる部分もあります。けれど、礼金については、入居させてくれてありがとうという意味で取られると知り、家賃を払っているのにさらに払う必要があるのだろうかという疑問を感じてしまいます。その点でいえば、管理費を払いながら、敷金・礼金なし物件を探すのが、いちばんしっくりくると言えます。

その他のエントリー

おすすめリンク

Copyright (C)2017賃貸契約の際に必要な資金.All rights reserved.