賃貸契約の際に必要な資金

検索フォーム
主要記事
賃貸契約の際に必要な資金

賃貸物件を契約をする時

私は何件か賃貸物件に暮らしてきて、物件を探して契約する時が一番大変だなと感じます。まずは不動産屋に出向き、希望の場所や間取りなど条件を伝えて、条件に当てはまりそうな物件の資料を見て、ピックアップした物件を見に行くのですが、意外と資料を見るのと実物を見るのとでは違いが多かったりして、イメージ通りの物件に辿り着くのは難しいなと感じます。しかし見て行く中でも納得のいく物件が出てきますが、そういう場合に限り敷金礼金が高かったりします。敷金はまだしょうがないにしても礼金が高いのは個人的に却下です。でも意外と不動産屋に礼金を下げられないかと交渉すると、大家さんに掛け合ってくれる場合もあります。良心的な大家さんは1ヶ月分無くしてくれたりします。

また家賃に関しても住みたい階数により多少増減があり、我が家の場合は1階に暮らしていますが、2階よりは2000円程度安いみたいです。ただ時期にもよりそれぞれの賃貸で家賃は変動するので、物件探しをするなら春や秋を外すのがいいのではないかなと思います。場所によっても家賃は同じでも広さが違うのは当たり前だったりするので、急いで引っ越さなくていい場合はじっくりと情報誌を見たりしながら自分に合う不動産屋を探して、物件を探すべきです。

その他のエントリー

Copyright (C)2017賃貸契約の際に必要な資金.All rights reserved.