賃貸契約の際に必要な資金

検索フォーム
主要記事
賃貸契約の際に必要な資金

賃貸を借りる時に必要な、敷金礼金とは。

賃貸に引っ越しをする時には、様々な決まりごとがあります。その中には言葉は知っていても、意味がよく分らないと言う物もあります。代表的な物が、敷金礼金なのではないでしょうか。私達は、敷金礼金を払うのが当たり前過ぎて、それがどの様な目的で支払う物なのか理解していないと言う人も沢山おられるようです。

まず敷金ですが、これは万が一家賃の滞納などがあった場合の為の、保証になるお金です。滞納があれば、この敷金から差し引かれます。また、部屋の修理が必要になった場合の修理費用になる事もあります。実はこの敷金と言うお金は、退去時に戻って来るお金でもあります。家賃の滞納がなく、退去時の修理がいらない様なお部屋状態であれば、ほとんどの額が戻って来る可能性があると言う事です。賃貸を借りる時には、お部屋を綺麗に使うと言う事も大切なのです。次に礼金ですが、これは絶対に戻ってはこないお金です。礼金とは、大家さんに対して、部屋を貸してくれてありがとうございます。と言うお礼の意味を込めて支払う物なのです。

最近では、敷金礼金ゼロと言う物件も出てきておりますが、借りる際には注意が必要です。例えば退去時に修理代など大金を請求されてしまう場合もあります。また、周囲の環境があまり良くなかったり、家賃が相場より高めに設定してあったりします。敷金礼金ゼロ物件を契約しようと思うならば、契約時にしっかり確認しておきましょう。

その他のエントリー

おすすめリンク

Copyright (C)2017賃貸契約の際に必要な資金.All rights reserved.